重要な借地権

借地権に関しては、難しいこともたくさん存在しています。例えば建物を所有している人が亡くなった、もしくは誰かに贈与した場合などは、当然所有者が変わります。場合によっては売却をして、購入した人の物になることもあるでしょう。実際このような問題は発生しており、借家権の対抗問題と言われているのです。このような場合、いろいろな理由から出て行ってほしいと言われるケースもあるでしょう。

このような場合には、当然今すぐに出ていく必要はありません。なぜなら借家権があるからです。以前は賃貸人の協力がないと対抗できませんでしたが、現在ではできるようになっています。他にも複雑な決まりなどがあるので、借地権の売買をしている「ピタットハウス」などの専門家に相談してみると良いでしょう。ピタットハウスでは、借地権に関する相談を無料で受付しているので、気軽にアドバイスを求めることが出来ます。細かい決まりなどを考えると、一人で解決しようとするのではなく、豊富な知識のある専門家に頼ることも必要です。

また、借家権には定期借家権というのも存在しています。定期借家権に関してはかなり複雑になっているので、理解するのは難しいでしょう。一言で借地権とは言っても、たくさんの決まり事が存在していますし、借地借家法は60条まで存在しているので、かなり複雑になっているのです。60条まであると言っても、60項目しか定められていないわけではありません。さらに何項にも分類されているので、普通の人では覚えるのは大変です。しかし、重要な点だけでも覚えておくと役に立つこともあるでしょう。

賃料の決まり

賃貸住宅を経営するのであれば、当然家賃を取らなければいけません。家賃は入居する前にいくらと定めてあるのが一般的ですが、場合によっては契約更新をしたときから家賃が上がるケースもあるでしょう。近年は物価高や増税で生活が苦しい上に、不景気なので据え置きにしていることが多くなっています。この賃料に関することも、当然借地借家法によって定められているのです。

どのようなことが定められているのかというと、賃料の値上げについてです。例えば元々は10万円の家賃だったとしましょう。しかし、急に家賃の値上げをするので、来月からは12万円支払うようにと言われた場合、当然支払う義務はありません。あくまで家賃の値上げというのは、双方の合意でのみ決められることなのです。だから契約更新時に限って値上げを行うのです。

借地借家法の第32条は、借賃増減請求権に関する決まり事が書かれているので、実際に家賃の値上げをされた経験がある人は、よく読んでおくべきでしょう。1つだけなら読むのに時間がかかるわけではありませんし、難しい内容でも意味を調べることで理解できます。賃料の値上げもトラブル発生の原因になることがよくあるので、このように定められていると言ってもよいでしょう。

契約期間について知る

借地借家法は、賃貸住宅にも当然適用されます。そのため、アパートやマンションなどを貸し出して不動産投資をしたいと考えている人にも、これから引越しをしてアパートやマンションに住もうと考えている人、すでに賃貸住宅に住んでいる人にも関係しているのです。全ての内容を知るのは困難なので、まずは基本中の基本である契約期間について解説をさせていただきます。

借地借家法で定められている契約期間については、賃貸住宅の貸し出しを行う場合、契約期間を1年以上にしなければいけないと決められています。通常賃貸住宅の場合には、契約期間が2年になっているのが一般的ですが、2年にしなければいけないというわけではありません。1年以上であれば何年に設定してもよいのですが、多くのところが2年になっているので、現在では定番となっているのです。

では、1年未満に定めた場合には、どのような罰則があるのでしょうか。特に罰則規定はないのですが、借地借家法では無制限の契約期間という扱いになると明記されています。もちろん最初から無期限に設定することも可能ですし、無制限にしても違法ではありません。無期限の場合には、借り主が退去するまでずっと契約期間が続いているということになるのです。

借地権に関する法律

不動産関連というのは、売買することによってかなり多額のお金が動きます。そのため、トラブルが発生すると、大半は裁判にまで発展すると言っても過言ではありません。もし裁判になった場合には、当然法律によって判決が下されることになるのはわかると思います。借地権に関する法律の場合には、借地借家法という法律が適用されるのです。日本の法律というのは、一般の人にはわかりにくくなっていますし、曖昧なものもたくさん存在しています。

借地借家法というのは、建物の所有に関する地上権や賃借権といった借地権及び建物などに関する法律となっています。名前の通りに借地にも借家にも適用される法律となっているのですが、詳しい内容などは、法律の専門家である弁護士や司法書士、もしくは不動産関連の人でなければわかっていないのが一般的です。もちろん全文を覚える必要はありませんが、このような法律が存在しており、借地権などの問題が発生した場合には、この法律が適用されるというぐらいは覚えておくとよいでしょう。

建物の所有に関することは、しっかりと決めておかないと、トラブルになったときに解決するのが困難になります。なぜなら先ほども少し触れたように、かなり高い金額が動くからです。借地借家法について知りたいのであれば、まずは借地権のことから勉強をしておく必要があります。当サイトでは借地権に関する法律である借地借家法についての解説をいろいろな観点から行っております。