重要な借地権

借地権に関しては、難しいこともたくさん存在しています。例えば建物を所有している人が亡くなった、もしくは誰かに贈与した場合などは、当然所有者が変わります。場合によっては売却をして、購入した人の物になることもあるでしょう。実際このような問題は発生しており、借家権の対抗問題と言われているのです。このような場合、いろいろな理由から出て行ってほしいと言われるケースもあるでしょう。

このような場合には、当然今すぐに出ていく必要はありません。なぜなら借家権があるからです。以前は賃貸人の協力がないと対抗できませんでしたが、現在ではできるようになっています。他にも複雑な決まりなどがあるので、借地権の売買をしている「ピタットハウス」などの専門家に相談してみると良いでしょう。ピタットハウスでは、借地権に関する相談を無料で受付しているので、気軽にアドバイスを求めることが出来ます。細かい決まりなどを考えると、一人で解決しようとするのではなく、豊富な知識のある専門家に頼ることも必要です。

また、借家権には定期借家権というのも存在しています。定期借家権に関してはかなり複雑になっているので、理解するのは難しいでしょう。一言で借地権とは言っても、たくさんの決まり事が存在していますし、借地借家法は60条まで存在しているので、かなり複雑になっているのです。60条まであると言っても、60項目しか定められていないわけではありません。さらに何項にも分類されているので、普通の人では覚えるのは大変です。しかし、重要な点だけでも覚えておくと役に立つこともあるでしょう。