賃料の決まり

賃貸住宅を経営するのであれば、当然家賃を取らなければいけません。家賃は入居する前にいくらと定めてあるのが一般的ですが、場合によっては契約更新をしたときから家賃が上がるケースもあるでしょう。近年は物価高や増税で生活が苦しい上に、不景気なので据え置きにしていることが多くなっています。この賃料に関することも、当然借地借家法によって定められているのです。

どのようなことが定められているのかというと、賃料の値上げについてです。例えば元々は10万円の家賃だったとしましょう。しかし、急に家賃の値上げをするので、来月からは12万円支払うようにと言われた場合、当然支払う義務はありません。あくまで家賃の値上げというのは、双方の合意でのみ決められることなのです。だから契約更新時に限って値上げを行うのです。

借地借家法の第32条は、借賃増減請求権に関する決まり事が書かれているので、実際に家賃の値上げをされた経験がある人は、よく読んでおくべきでしょう。1つだけなら読むのに時間がかかるわけではありませんし、難しい内容でも意味を調べることで理解できます。賃料の値上げもトラブル発生の原因になることがよくあるので、このように定められていると言ってもよいでしょう。