契約期間について知る

借地借家法は、賃貸住宅にも当然適用されます。そのため、アパートやマンションなどを貸し出して不動産投資をしたいと考えている人にも、これから引越しをしてアパートやマンションに住もうと考えている人、すでに賃貸住宅に住んでいる人にも関係しているのです。全ての内容を知るのは困難なので、まずは基本中の基本である契約期間について解説をさせていただきます。

借地借家法で定められている契約期間については、賃貸住宅の貸し出しを行う場合、契約期間を1年以上にしなければいけないと決められています。通常賃貸住宅の場合には、契約期間が2年になっているのが一般的ですが、2年にしなければいけないというわけではありません。1年以上であれば何年に設定してもよいのですが、多くのところが2年になっているので、現在では定番となっているのです。

では、1年未満に定めた場合には、どのような罰則があるのでしょうか。特に罰則規定はないのですが、借地借家法では無制限の契約期間という扱いになると明記されています。もちろん最初から無期限に設定することも可能ですし、無制限にしても違法ではありません。無期限の場合には、借り主が退去するまでずっと契約期間が続いているということになるのです。